« 虫歯の日 | トップページ | TuYu »

2010年6月20日 (日)

蛇谷ヶ峰

6月上旬、久々の山へ。
もちろん、久々なのは私だけ。
久々なので楽チンな山をリクエストしたはずだったのに。。。
900mの山を楽に歩けるわけがなかった


=======================================================

蛇谷ヶ峰(じゃたにがみね)/901.7m/滋賀県

 【日時】 2010年6月上旬 日帰り

 【天候】 曇り 時々 晴れ

 【行程】 

  安曇川駅-朽木学校前→想い出の森→いきものふれあいの里→

  カツラの谷→蛇谷ヶ峰→想い出の森-朽木学校前-安曇川駅

=======================================================


山行きの人々で混みあった電車で安曇川駅へ。
観光案内所で「入浴セット往復乗車券」を購入。
へへへっ、温泉に入って帰る予定なんだー

安曇川駅で下車した人は多かったのに、朽木学校前行きのバスは空いていた。
ほとんどの人が高島トレイルのツアーだったみたい。
このツアーも興味深い。

朽木学校前から想い出の森まで歩く。
暑くて山を歩きだす前に疲れる。
道の駅の朝市で時間を潰して、無料のシャトルバスに乗ればよかった

Img_3153
 想い出の森に向かう途中で見た蛇谷ヶ峰

想い出の森からいきものふれあいの里へ。
ここで登山準備をして蛇谷ヶ峰を目指す。

Img_3164

あぁ~。
なんて緑が美しいんでしょう。
癒されるなぁ。

Img_3166
 この九十九折りの道は迂回路でした

癒されるんだけど、、、しんどい。
絶好調に遅い私

Img_3172
 ギンリョウソウを多く見かけました。

お腹が減ったので、お昼ご飯用のおにぎりを一つ食べ。
アミノバイタルを飲み。
久々のストック使用。

なのに足取りは重いまんま。
やばいなぁ

Img_3177_2
「カツラの巨木、見に行ってみよう」とダンナ。
余裕のない私、実は行きたくなかった。

Img_3183
これ(↑)が「カツラの巨木」なのかな?

登山道に戻り、カツラの谷へ。

Img_3198

Img_3196_2

Img_3199

Img_3203

かなり疲れてたけど、緑の清々しさに癒される。
疲れたけど来てよかった

って、ここが目的地ではありません。

山頂はまだまだなのに、このバテ具合。
ここからがしんどいのに

Img_3211
 フタリシズカ

Img_1676

しばらく歩くと、お腹が減ってきてしまった。
ということでお昼ご飯。
1人2個ずつのおにぎりとシジミスープ。
でも、先に1個食べてしまった私。
ダンナの分を少し分けてもらう

エネルギーも補給したし、頑張って歩かないと!

でも、日差しが出てきて暑い

Img_3218

ゼェゼェ言いながら歩いていると、朝バスが一緒だった方たちが下りてこられました。
マズイ。これはマズイ。
ますます焦る。
でも、進まない~

Img_1701

自分が嫌になってきちゃいます

本当は山頂からもう少し歩いて関電反射板まで行く予定だったけど諦めました。
とりあえず山頂までは行こう!

ヘロッヘロになりながらも山頂に到着

Img_3222

Img_3224

良いのか悪いのか、時間が遅いだけに山頂は貸し切り状態。

私は木陰で早々に休憩。
下りに備えて本日2度目のアミノバイタル。

少し休んで景色を見る。
少し霞んでいるけれど、なかなかの展望です。

Img_3226
 琵琶湖

Img_3232
 武奈ヶ岳?

なんとか山頂に立てたけど、温泉に入る時間はないかも

下りは想い出の森まで一気に下ります。

階段が整備されているけれど、なかなかの急坂でした。
でも、あの山やあの山の下りに比べてたら大したことない。
無料シャトルバスを逃したくない一心で下っていきます(笑)

Img_3234
 写真では分かりにくいけど、結構な傾斜です

Img_3235

頑張った甲斐あって、コースタイムより早い時間で想い出の森に帰ってきました。

温泉入れるかも

でも、朽木学校前までの無料シャトルバスに乗ろうと思うとゆっくり温泉に入っている時間はない。

ここでの選択肢は3つ。
 ①ゆっくり温泉に入って、タクシー呼んで朽木学校前まで行く
 ②ゆっくり温泉に入って、歩いて朽木学校前まで行く
 ③急いで汗を流して、無料シャトルバスで朽木学校前まで行く

検討
 ①安曇川駅からタクシーを呼ぶためタクシー代がかなり高い→却下
 ②汗を流した後に汗をかきたくない→却下

結果
 ③採用

ということで、急いで汗を流すことに。

ただでさえ時間がないのに、レンタルバスタオル借りるの忘れたりして時間がなくなっていく。
超特急で洗います。
髪を短くしててよかったです。
前の様なロングヘアだと洗い流すのに時間がかかるもんね。

なんとかバスの発車5分前に待ち合わせのロビーに出てくることができた。

ダンナはお土産売り場にいた。
時間ないのに鯖ずしを買うかお悩み中らしい。
鯖ずしは諦めてもらい、鹿肉の佃煮だけにしてもらいました。

バス乗り場に行こうとしたら、またダンナが立ち止まる。
「どっちにしよー?」と。
今度は牛乳とソフトクリームでお悩み中。
どっちでもええわ
(そもそも時間の余裕が無くなったのは歩くのが遅かった私のせい
「時間ないよ」と言うと「まだ3分あるよ」とダンナ。
結局、一つずつ買いました

シャトルバスに乗り込み、一安心。
温泉に行ったのにシャワーだけになったのは心残りでしたが

牛乳を一口飲むと、その優しい味わいで気持ちが穏やかに
ソフトクリームも美味しかったです。

あっと言う間に朽木学校前に到着。
やっぱり朝もバスに乗ればよかった~。

GWにもこの朽木学校前のバス停を利用したのですが、その時は近くにあるオートキャンプ場から物凄い焼き肉臭がしてました
さすがに今回はしてませんでした。

安曇川駅から神戸に戻り、久々に王将で夕食。
王将の餃子ってなんで美味しいんでしょうねぇ

こうして今回の山歩きも無事に終えることができました。
しかし疲れました。
思うように歩けなかったのは約1カ月ぶりの山歩きだからというわけではないんだろうな
トホホホ

とりあえず、次回はもっとおにぎり持って行かなくちゃ

« 虫歯の日 | トップページ | TuYu »

コメント

笑いながら楽しく読ませて貰いました

緑や滝がビックリするほどキレイで写真から幸せのお裾分けをしてもらったよ~
実際目の当たりにすると心から癒されるんだろうね~山登りの魅力が少し分かった気がするな~

温泉にゆっくり疲れなかったのが残念だったけど
無事汗を流し無料シャトルバスに乗りこめて良かったね~

そして夫婦のやり取りが面白い
微笑ましかったよ~
鹿肉の佃煮やソフトクリームは美味しかったかな?やっぱりソフトクリームは欠かせないよね~

山登りのルートって、いろいろあるんですね。
私は、全然しないからわからないけれど
そういうのを考えるのも楽しいのかな(ご主人)

相変わらず写真きれいです。
カメラ変えて、上手に撮れてるし
山から見る景色もいいですけど

と、いつも食べ物が山に行くと出てくるんだけど
山登りしたあと、美味しいんだろうなぁ
一生山登りしないと思うので、美味しさのわからない
人生を歩む予定です。

>アコアコさん

新緑がとても綺麗で癒されました~
でも、早い段階でしんどさの方が上回ってしまいました
ソフトクリーム、美味しかったよ~
ミルク味の優しい甘さのソフトクリームでした!
買わなくていいと思っていたけど、買って正解でした

>くずパンさん

カメラ変えてから緑が綺麗に撮れるようになりました

同じ山でもルートを変えると違った雰囲気を楽しんだり出来ます
主人はルートを楽しそうに選んでますよ!

いつも食べ物が出てくること、バレちゃいましたね
山で食べる食事も、山登りの後の食事も美味しいです
動いた以上のカロリーを摂取してしまうので痩せることができません

この記事へのコメントは終了しました。

« 虫歯の日 | トップページ | TuYu »